Home翻訳料金表納期の目安

納期の目安

弊社に翻訳をご依頼いただいてから納品するまでに大体どの程度の日数がかかるかの目安を以下にご紹介します。納期のお見積もりをご提出する際は、翻訳の最低処理量として、英文和訳(英語→日本語)で1日あたり原文1,000ワード、和文英訳(日本語→英語)で1日あたり原文2,000文字の処理量を目安に納期を算出しております(1人の翻訳者が翻訳を担当する場合)。
例:英単語10,000ワードの原稿の場合10,000ワード÷1,000ワード/日=10日

もちろん、上記の量はあくまで目安であり、「1日の翻訳量」のページに記載している通り、プロの翻訳者の1日あたりの標準的な処理量は原文が英語の場合は1日あたり1,500~2,000ワード(英単語数)、原文が日本語の場合は3,000文字~4,000文字(日本語文字数)程度となりますので、より早く納品できる場合もございます。

ただ、翻訳文の納品までには弊社内での翻訳者の選定作業から翻訳後のチェックや案件によってはレイアウトまで行う必要があるため、それらを考慮に入れた上で余裕を持って納期を提示させていただいております。

また、翻訳者のスケジュールや翻訳の難易度などの要因によっても納期が変わってきます。

実力のある翻訳者ほどスケジュールが埋まっていることもあり(1日の処理量も多いのですが)、特に年度末などの繁忙期においてや、翻訳者の指定がある場合(前回と同じ翻訳者が良いとか、アメリカ英語やイギリス英語が良いなどの指定がある場合)は、納品までに通常よりお時間をいただく場合もございます。
また、各翻訳者には得意な分野と不得意な分野があり、専門性が高い分野の場合は対応可能な翻訳者の数も少なくなりますので、同様に通常よりお時間をいただく場合もございます。

翻訳の分量が上記に示した1日あたりの処理量に満たない少量の翻訳のご依頼(例えば証明書1枚など)においては、即日対応可能な場合もございますが、通常2~3営業日程度の納期をご提示させていただいております。メール翻訳サービスの納期に関しましてはご依頼の翌営業日までとなっております。

お見積もりのご依頼があった場合には、翻訳料金に合わせて上記のような事情を考慮して納期のお見積もりをご提出させていただきます。できるだけ最短の納期をご提示させていただきますが、納期のご希望がある場合には、事前にお伝えいただけましたら幸いです。

英語翻訳に関するお問い合わせはこちらからお願い致します。お見積りは無料です。

翻訳料金表に戻る

お得なサービス情報 メール翻訳サービス ウェブサイト翻訳・ローカライズ

[PR]

震災ボランティア翻訳
Copyright (C) 2010 TNT Japan Co. Ltd. All Rights Reserved.