Home翻訳雑記翻訳の品質管理
英語翻訳雑記

翻訳の品質管理

英語翻訳会社TNT Japanの翻訳の品質管理手順についてご紹介します。

弊社では、お客様から英語翻訳のご依頼があった後、社内の担当者(翻訳コーディネーター)がお客様から送られてきた翻訳元原稿を確認し、その案件に最も適した翻訳者を選定します。
翻訳作業は、内容に応じて社内の翻訳者が行うことも、外部の登録翻訳者に発注することもあります。英語から日本語への翻訳(英文和訳)の場合は、日本人の翻訳者が翻訳作業を担当し、日本語から英語への翻訳(和文英訳)の場合は、英語を母国語とする国で育った英語ネイティブの翻訳者、又はネイティブに匹敵する英語力を持つ日本人翻訳者が翻訳作業を担当します。

訳文が仕上がったら、次は社内で訳文のチェックを行います。英文和訳の場合は、日本人翻訳者が翻訳を行った後、社内で日本人翻訳チェッカーが原文と訳文を突き合わせて、訳抜け・誤訳・誤字や脱字がないか、用語が統一されているか、固有名詞が調査されているかなどを入念にチェックします。
和文英訳の場合は、英語ネイティブ翻訳者が翻訳を行った後、英文和訳の場合と同様に社内で日本人翻訳チェッカーが原文と訳文を突き合わせてチェックします。日本人翻訳者が和文英訳を行った場合は、英語ネイティブのチェッカーが英語の正確性や表現の適切性などをチェックする英文校正を行い(お客様のご希望により異なります)、その後最終的に社内で日本人翻訳チェッカーが原文と訳文を突き合わせてチェックします。

翻訳チェッカーは翻訳コーディネーターと基本的に同じ人物が担当しますが、翻訳実務経験のある英語・日本語が堪能なスタッフのみが担当しますので、細かい部分までチェックを行うことが可能です。

翻訳は全て人間が手作業で行いますので、どんなにスキルの高い翻訳者であっても、英文のスペルミスや文法ミス、日本語の誤字や脱字が生じることがあります。
翻訳チェッカーは、訳抜けや誤訳などの重大なミスはもちろんですが、細かいスペルミスなどもできる限りなくすように一文一文丁寧にチェックを行っていきます。

チェックが終了したら、必要に応じて翻訳者に訳文の修正を依頼し、その後原文に合わせたレイアウトなどを行いお客様に納品します。お客様が納品した訳文をご確認後、修正依頼やその他のご要望がある場合はその都度対応致します。

お得なサービス情報 メール翻訳サービス ウェブサイト翻訳・ローカライズ

[PR]

震災ボランティア翻訳
Copyright (C) 2010 TNT Japan Co. Ltd. All Rights Reserved.