Home翻訳雑記翻訳者の選定基準
英語翻訳雑記

翻訳者の選定基準

英語翻訳会社TNT Japanでは、お客様から翻訳のご依頼があった後、翻訳を担当する翻訳者を選定する際には主に以下の点を参考にしています。

  1. 英語・日本語の高い言語能力
  2. 翻訳実務経験
  3. 翻訳する分野の専門知識
  4. ITスキル・調査能力

1. 英語・日本語の高い言語能力

翻訳を行う際には、原文の情報を正確に読み取る読解能力、翻訳後の文章の正確性や表現能力が求められます。英語翻訳会社TNT Japanでは、日本人翻訳者を選定する際には、英語能力の基準として最低でもTOEIC900点以上、又は英検1級を目安にしています。英語ネイティブの翻訳者を選定する場合は、日本語の能力として日本語能力試験1級を目安にしています。また、日本人翻訳者、英語ネイティブ翻訳者いずれの場合も、翻訳後の言語の高い表現能力が必要となります。

2. 翻訳実務経験

翻訳者によって能力が異なりますので一概には言えませんが、3年以上の翻訳実務経験、できれば5年以上の実務経験があることが望ましいです。

3. 翻訳する分野の専門知識

翻訳する分野の専門知識を有していることは、当該分野の専門家が読んでも不自然でない訳文を作成するためには必須です。英語翻訳会社TNT Japanでは、様々な分野において、長年の実務経験・専門知識を有し、また翻訳実績も豊富な英語翻訳者が多数在籍しています。翻訳者を選定する際には、弊社の担当者がお客様から頂いた翻訳元原稿を読んだ上で、今までの経歴や翻訳実績を元に、最も適切と思われる翻訳者を選定致します。

4. ITスキル・調査能力

お客様からのご依頼の際、翻訳元原稿はWord、Excel、PowerPoint、PDFファイルで頂くことが多く、翻訳を行う際には、可能な限り原文と同様のレイアウトを維持します。従って、翻訳者はこれらのソフトウェアを使いこなせることが望ましいです。また、翻訳作業を行うにあたって、固有名詞や、不明点が出てきた場合などは、主にインターネットを活用して細かい部分まで調査を行うため、インターネットに関する十分な知識が必要となります。

以上が、弊社が新しく翻訳者を選定する際に重視する点となりますが、その他にも、過去の翻訳文の品質や、納期に遅れたことがないかどうか、また人間性なども重視しております。

お得なサービス情報 メール翻訳サービス ウェブサイト翻訳・ローカライズ

[PR]

震災ボランティア翻訳
Copyright (C) 2010 TNT Japan Co. Ltd. All Rights Reserved.