Home翻訳雑記翻訳者になるには
英語翻訳雑記

翻訳者になるには

プロの英語翻訳者として必要になってくる能力は、翻訳者の選定基準のページでも述べたとおりですが、ここでは翻訳者になるための勉強方法についてご紹介します。

翻訳者になるのに一番必要なのは、やはり「読書量」だと思います。
翻訳者は通訳者とは異なり、リスニング能力とスピーキング能力は必要ではありませんので(英訳をする際には英語での思考能力は必要ですが)、翻訳に必要な英語と日本語の言語能力を磨いていくためには、英語と日本語の両方で良質な文章を多く読む必要があります。
翻訳の仕事にすぐに役立てたいのであれば、自分の得意分野としたい分野に関連する本を読むのがベストだと思いますが、言語能力を磨くという点では、分野を問わずできるだけ多くの本を読むのが良いかと思います。
実際にプロの翻訳者が翻訳したものの原文と訳文を読み比べるのも、翻訳の能力の向上に役立ちます。
また、専門書を読むことによってその専門分野の知識も得られますし、その分野独特の用語や文体も学ぶことができます。

前述のとおり、英語翻訳者には英語を話す力・聞く力は求められませんので、通訳者ほどリスニング能力・スピーキング能力の向上を重視する必要はありませんが、海外の映画やニュースなどを見て英語の表現力や思考力を磨くのも良いでしょう。特に口語文(会話文)の英訳の際には役立ちます。

海外(英語圏の国)で生活されている方であれば、英語力は自然と身に付いていくかと思います。海外で生活されているのであれば、自分の興味がある分野のものにできるだけ多く触れ、本に限らずできるだけ多くの英文に触れることをお勧めします。
海外で長く生活されている方は、日本で生活している日本人と比べて日本語能力が落ちる傾向にありますので、日本語能力を維持・向上する努力も大切です。

翻訳をするのに必要な十分の言語能力・専門知識を有していれば、アウトプット(ライティング能力)や、ITなどの実際に翻訳作業を行う際に必要になってくるその他の能力は翻訳の仕事をしながら磨いていくことができます。

言語や翻訳の能力、自分の得意分野にしたい分野の専門知識・ITスキルなどは専門学校に行って学ばれている方も多いかと思います。
専門学校などで学ぶのは非常に効果的ですが、コースが終了するまでは時間がかかってしまうことも多いので、翻訳ができるある程度の能力があるのであれば、少しずつでも翻訳の仕事を請け負いながら、並行して必要なスキルを学校などで学ぶのが最も効率的な方法だと思います。

実際に翻訳者として翻訳の仕事を始めるには、翻訳会社のトライアルに合格するなどして翻訳の仕事を受注する必要がありますが、翻訳会社のトライアルについては別のページでご紹介します。

お得なサービス情報 メール翻訳サービス ウェブサイト翻訳・ローカライズ

[PR]

震災ボランティア翻訳
Copyright (C) 2010 TNT Japan Co. Ltd. All Rights Reserved.